コンテンツへスキップ

日本の住宅はシーリングライト、欧米にはスタンドが多用されるなど、国によって使われる照明器具の好みは違います。好む光が違うので、おのずと器具も違ってきます。では、日本人が好む光、欧米の人がの好む光はどこが違うのでしょうか。今回は絵画の中の光をとりあげて、その違いを検証してみました。

 

絵画の技法の違い

欧米で主流の絵画は油絵です。顔料と固まる油で描く、透明性が高く艶の強い描画材料です。日本でも油絵はとても多く描かれていますが、日本独自の文化の絵画は日本画です。顔料を水で溶いて、膠で固めます。どちらかといえばマットな仕上がりの描画材料です。

 

陰影と輪郭線

現代美術においては、絵具の違いと描き方の違いとの関係はそれほど関係ありませんが。近代以前においては、油絵と日本画の伝統的な描き方違いは明確です。油絵は陰影でその形を描きますが、日本画は輪郭線で描きます。よって、洋画はコントラストが高い絵が、日本画はコントラストが低いフラットの絵が多くなっています。

 

代表的な油絵を一点

洋画のなかでもレンブラントは光を匠に使った作品が多く「光と影の画家」とか「光と影の魔術師」とも言われます。人物に当てる半逆行光のライティングはレンブラントライトと呼ばれ、ポートレート写真などには現在でも多用されています。この絵を見ると陰影の表現がとても重要であることが解ります。1629年にレンブラント23歳頃に描かれた自画像です。

 

代表的な日本画を一点

近代の代表的な日本画、美人画を得意とする上村松園が描いた序の舞です。1936年松園60歳頃の作品です。切手の絵柄にも使われてる良く目にする絵です。ここで描かれている人物は輪郭線で表現されています。影は殆ど描かれていません。コントラストも低くとてもあっさりした表現です。しかし、描かれた女性の存在感はとても強く感じます。

 

影の扱いが違う

比べていただくとよく解ると思います。影の扱いが違いが絵の描き方を変えています。油絵は影を描いていて、日本画は影を描いていない。日本画にはなぜ影が無いのでしょうか。私は日本人は文化的にあまり影を重要視していないと推測しています。これはこの絵画だけでなく、その他の芸術表現にもみられる傾向です。この事を、ちょっと乱暴にまとめてみますと、日本人は影が嫌いなんだと思います。どこか暗いこところがあると気になる、その心理が日本にあり、文化にも大きく影響しているのだと、推測しています。

 

日本の住宅照明

日本の住宅に多いシーリングライトは部屋の真ん中にある、やや大きめの照明器具です。四角もありますが、殆どが丸型です。この器具から出る光は部屋全体に広がり、影が少ない空間にします。この器具は日本人が好む光を安価に創り出してくれる、理想的な器具だと思います。どこの住宅にもたくさん付いているので、最近すこし嫌われているようですが。

 

 影を嫌う他の事例

絵の他にも同じ様に、影を嫌う傾向があります。別の機会に、他の事例をアップしたいと思います。

 

writer:馬場美次

欧州では様々なスイッチプレートがあります。デザインのバリエーションがあり、使ってみたくなる製品がたくさんあります。幾つかの製品を紹介します。

 

ドイツGIRA社のスイッチ

欧州にはシンプルでモダンなデザインのスイッチの製品は多くありますが、代表的な会社はドイツのGIRAです。製品のカテゴリースイッチだけでなく、ホームオートメーション機材などコントロール製品まで幅広く展開しています。E3シリーズはシンプルなフォルムに多彩な色とテクスチャーのバリエーションがある製品シリーズです。

 

トルコのMAKEL社のスイッチ

1977年創業のトルコイスタンブールにある、MAKELの製品はザインはシンプルですが、素材のバリエーションが豊富です。写真の製品の素材は、樹脂、ガラス、木、金属です。

 

 

ロシアBIRONI社のスイッチ

モダンなデザインもあれば、一方レトロなデザインもあります。ロシアのモスクワのスイッチメーカーBIRONIは材質が磁気のロータリースイッチをラインナップしています。主に直付け型ですが、壁埋込のモデルもあります。写真は磁気バリエーションです。側面に書かれた図柄がレトロ感を醸し出しています。

 

海外製品が入って来ない理由

日本の生活や設備に合った国内メーカーが主流になるのは当然ですが、特徴に富んだ欧州の製品がもう少し入ってきても良いかと思います。なぜ、全くといっても普及しないのでしょうか。色々な方に話しを聞いてみると幾つかの理由はあるようです。

 

日欧のスイッチボックスの規格違い

スイッチなどの部品を壁に取り付ける場合は、壁の中にとりつける為のネジ穴や結線スペースとしてのスイッチボックスが埋め込まれます。日本の標準はは約60mm×約100mmの縦長サイズです。欧州の場合は約70mm角になります。通常の工事ならば、特に指定しないかぎり、電気工事側の判断で日本仕様のスイッチボックスで施工します。欧州のスイッチ製品を使う場合は、前もって指示する必要があります。

 

製品のPSE取得が必要

日本の電機製品には電気用品安全法でPSEの表示が義務づけられています。PSEには二種類あり、メーカー側の自主検査で表示できるPSE[○にPSE表示]と、メーカー側検査に加え、第三者機関での検査が必要となる特定電気用品[◇にPSE表示]があります。第三者機関での検査は数十万程度かかります。スイッチ類は特定電気用品になりますので、国内で販売する場合は輸入業者が、管理とコストを負担することになります。

 

スイッチプレートが進化する

国内のスイッチは大手が独占しており、その規格や流通が一般化しており、それ範疇以外で施工するとなると思ったより面倒なのかもしれません。今後はスイッチは単なる照明をON/OFFするボタンでなく、ホームオートメーションの端末のなっていくと予想します。これからは、デザインのみならず機能などより注目される設備です。次は「ネットワーク端末としてのスイッチプレート」の記事を寄稿予定です。

writer:馬場美次

欧州で開催される、最も有名な照明の展示会は二つあります。偶数年にフランクフルトで開催されるLight & Buildと、奇数年にミラノで開催されるMilanoSalone内のEuro Luceです。

■ Light & Build

照明器具メーカーだけでなく、電設設備関連会社も出展します。messe frankfurt会場を全体を使い、出展社約2500、来場者は約21万人、欧州では最大の照明関係の展示会になります。照明器具の「Lightゾーン」ではドイツメーカーのERCOやMAYERや、イタリアのFlosやArtemideなどのハイブランドから、安価な量産メーカー、LEDや有機ELなどの部品メーカーなど色々出展しています。電気設備の「Buildingゾーン」は、分電盤や工具などから制御規格など、こちらも幅広い製品が展示されています。

■ Euro Luce

家具の展示会であるMIano Saloneは毎年、ミラノ郊外のRhoの見本市会場Fieramilano開催されます。そのなかでキッチンの展示会EuroCucinaと交互に隔年で開催されるのがEuroLuceです。入場者数は31万人会場全体では2,300社、EuroLuceだけでは500社弱の出展数です。イタリアのFlosやArtemideの他、北欧のlouis poulsen、スペインのVIVIAなど、いわゆる意匠照明メーカーが新製品を展示します。MIano Saloneは会場だけでなく、FuoriSaloneと呼ばれる市内でも同時に様々な展示が行われていて、こちらも面白い発表が多くされています。デザイントレンドを感じるイタリアの1週間です。

今年2018年はLight &Buildingが3月18日から、ドイツフランクフルトメッセで開催されます。LIGHTING NEWS JAPANは今年も取材を予定しています。

writer:馬場美次

全てがスマートフォンやタブレットで制御される、IOTの時代が来たと言われています。照明もそれに準ずるように、無線照明制御製品が各社から出てきています。 ホームオートメーション、ビルオートメーションが進むこれからは、外せない技術になるでしょう。無線制御方式を分析してみました。 無線システムの構成機材は、無線接続機能を持った照明器具、点灯や調光などを設定するコントローラ、そのほかこれらを繋ぐゲートウエイなどで構成されています。 無線の方式や周波数など様など方式がありますが、データの保存場所の方法で幾つかの方式に分類してみました。

 

クラウドデータ方式

照明器具をゲートウエイ経由でインターネットに繋ぎます。データはインターネット上にあるクラウドコンピュータに溜まります。制御はネットワークに接続できる機材であれば、どこからでもコントロールできます。地球の裏側からでも制御可能です。データが一カ所に溜まるので、幾つかの店舗をもつチェーン店などは、まとめて制御・監視できるのは大きなメリットです。壁スイッチからのデータでシーン設定を呼び出すこともできるので、様々な操作デバイスが選べます。デメリットは、ネットセキュリティが厳しい場合などは導入が難しくなります。大光電機のD-SAVEがこれにあたります。

ゲートウエイデータ方式

照明器具と無線で繋がるゲートウエイにPC機能を内蔵し、ゲートウエイにデータを溜める方式です。ゲートウエイの無線機能は二つあり、器具と繋ぐ機能と、操作するスマートフォンなどと繋ぐ機能です。スマートフォンからゲートウエイに制御データを送り、ゲートウエイが照明器具それぞれにデータを送り制御します。構成としては比較的コンパクトであり、改修導入などにも適する方式です。山田照明のエコワインなどがこれにあたります。

ネットワークデータ方式

ゲートウエイデータ方式の拡張になります。それぞれのゲートウエイのデータを有線ネットワークに繋ぎ、接続されたPC上にデータを溜める方式です。それぞれの方式の拡張方式として使われる場合があります。

端末データ方式

ゲートウエイを併用する場合と、コントローラとなるスマートフォンやタブレットがゲートウエイを兼ねる方式があります。タブレットなどの操作で、各照明器具に、直接又はゲートウエイ経由で制御データが送られます。データはタブレットに溜まります。遠藤照明のSmartLEDZはこの方式です。端末にデータが溜まるため、複数のコントローラの併用やデータのバックアップは難しくなります。SmartLEDZは大規模施設などの場合、ネットワーク経由でPCにデータをバックアップする拡張機能もあるようです。簡単なものはデータの記憶ができないもののあります。

ハイブリッド方式

上記を併用した方式です。パンチルトフォーカスなどを無線制御できるミネベアミツミのSaliotは、基本はスマートフォンなどで端末制御のみですが、必要ならば操作しているスマートフォンのネット回線を利用してクラウドにデータを溜めることが可能です。

 

無線方式は、基本となる通信技術がとても早いスピードで進化しています。その為、方式を固めた時点で技術の陳腐化が始まる、器具メーカー側としては扱い難い技術です。これもあって、各メーカーの方式がバラバラになっています。国内だけでなく、海外も同様です。ユーザ側として、この便利な技術をいつ導入するかは難しい判断になります。

writer:馬場美次

Artemide / Alphabet_of_Light

組み合えせてアルファベットを表示が表現できる、プリカーボネイトチューブのカバーの製品です。長さの違う二つの直線本体灯具、円弧の違う二つのカーブ本体灯具、円弧の違う三つのカーブジョイント灯具、三つの直線ジョイント、これらを構成することでアルファベットを表記でき、言葉を伝える照明器具になります。文字ではなく、円形や直線の器具としも展開できます。できあがるフォントにちょっとクセがありますが、ありそうで無かった製品です。内部の光源は、アルミ基板のテープライトLEDです。

 

davide groppi / infinito flash

最後はdavide groppiのflashとinfinitoです。カベの間に光るワイヤー張って設置します。二つの製品の違いは太さで9mmがflash、infinitoが18mmです。説明によると長さは自由に切れるようです。当然ながら電源部は別置になっています。空間を光のラインで切り取るイメージはとても面白い製品です。究極のミニマリズムデザインです。明るさも最長12mの物で14400 lmあり、充分な明るさです。テープライトは新しい器具と使い方を創り出しているようです。

さらに注目したいことは、このような特殊な製品もDALI対応になっていることです。欧州発の調光規格DALIのことは、別の記事でとりあげます。

writer:馬場美次

50

2017年4月ミラノで開催された、ユーロルーチェには今年も様々な新製品が展示されていましたが、そのなかでも幾つかのブランドに共通のデザインの展開が見られました。LEDテープライトによる、直線・曲線などのライン状に光るデザインディティールを持った製品が多くみられました。それらをピックピックアップしたいと思います。

ingo maurer / Blow Me Up

まず最初は、インゴマウラーの「Blow Me Up」です。細長い風船とLEDテープライトを組み合わせた、Ingoらしいユニークな製品です。パッケージもそのフレキシブル性を生かし、コンパクトにまとまっています。ワイヤーとりつけ部分がマグネットになっているなど、ディテールにもこだわっています。

 

Flos / ARRANGEMENTS

Flosもテープライトを生かした製品を多く出展していました。Michael Anastassiadesデザインのミラーと組み合わせた「ARRANGEMENTS」は幾種類のリングや直線形状の発光部を組み合わせる、大きなペンダントです。組み合わせによって幾通りのパターンができます。

Flos / LA PLUS BELLE

Flosからもう一点、Philippe Starckデザインの「LA PLUS BELLE」です。これはオーバル形状のミラーの縁にLEDをいれたミラーライトです。フレキシブルに発光するLEDテープライトの特徴を生かした、機能とデザインを両方に生かした、ありそうで今までなかった製品です。

writer:馬場美次